Works / Collection

Couture Autumn/Winter 2022-23

[Blue]
EN / JP

On July 7th 2022, YUIMA NAKAZATO presented its 12th couture collection “BLUE” at Haute Couture Week in Paris. This was the second physical runway show held in Paris after two-years hiatus caused by the global pandemic.

Designers’ message
Over the past 6 months, I’ve been having a heartache given the news flying around all over the world.
Feeling powerless, and all I could do is stop watching my smartphone.

Even though, I’ve kept working on my creation.
Drawing sketches, pug clay, weaving new fabric from old textile, dying with hands…
I somehow felt relieved by going against the tide of digitalization,
and creating things by using my own hands.

Ancient people seemed to seek answers to an incarnation.
One small ethnic group believed that birds are the incarnation of god, seeing us mankind from above,
and let us know all the crises through their voice.

Sherman was a voice as well, speaks for something that we can’t see. Imagining their voices that they would convey to us in these day, I’ve devoted my self to my creation.
I somehow thought I want to create this collection in blue.

Blue of the planet earth.
Sky and sea are blue, but it's not actually blue, it looks like blue as some sort of a phenomenon.
You can’t dye your cloth by dipping into the sea.
I find the blue in the sky and the sea are mysterious, that you can see but somehow doesn’t exists.
I thought wearing a blue garment is somehow like wearing the messages that the incarnation sending to us.

Lastly, we’ve created this collection based on dead stock materials which lost its use.
Materials that were damaged, over produced… There are a lot of types of materials that are left over in the
storage.
These materials are all wonderful, but in general difficult to be valued.
But by changing your perspective, things could transform dramatically.
I thought it is possible to create a beautiful things from industrial wastes.
That is something I wanted to challenge through this collection.

Imagining our blue planet earth through the sky I see in the gap of the buildings in Tokyo,
this collection was created as I pray.

Yuima Nakazato

YUIMA NAKAZATOは2022年7月7日、12度目のオートクチュール ・ウィークへの参加となる2022-23年 秋冬コレクションBLUEを、パンデミック後の初のパリでのショーとなった前回に引き続き、現地でのランウェイ・ショーを通じて発表いたしました。

デザイナーメッセージ
この半年間、インターネットを通じて世界中から飛び込んでくる様々な事象に心痛め、
右往左往し、そして、どうすることもできない無力感に苛まれながらも、
そっとスマートフォンを見るのを止めることしかできなかった。

ただ、何かを創る手だけは止めてはいけないと、
紙とペンでひたすらに絵を描き、粘土をこね、古い布を裂いて布を織り、手で染めてみた。
デジタル化が急速に進む時代の流れに逆らうように、
自らの手で試行錯誤し創り出すことに安心感を抱いたのかもしれない。

古来人々は、どうにも解決できない問題が目の前に現れると、化身たちに答えを求めていたようだ。
ある少数民族では、鳥は神の化身であるとし、上空から俯瞰で我々人間を見下ろしながら、
鳴きながら様々な危機を人間に知らせてくれるという。

シャーマンという存在もまた、別の世界とこの世界を繋ぎ、我々の目には見えない「何か」を伝える存在だった。彼らは、今この時代において、どんなメッセージを紡ぎ出し、私たちに届けるのだろう。
そんな想像をしながら、日々の作業に没頭した。

ふと、このコレクションの色を何色にしようと考えた時に、青い色をつけたいと思った。
地球の青である。
空や海は青く見えるが、それは現象として青いだけで、海の水に布をつけても青くは染まらない。
目には見えているのに、まるで存在していないかのような不思議な存在なのだ。
私は、青い服を纏うということは、化身たちが私たちに届けるメッセージを纏っているような、
そんな感覚になれるのではないかと考えた。

最後に、このコレクションは、役割を与えられなかったデッドストックの素材を集めて制作した。
倉庫に眠ってしまう理由は、傷があるものや、多く生産してしまい余ってしまったものまで、様々である。
これらの素材は、ものとして素晴らしいにも関わらず、一般的ににはなかなか価値を見出しにくい。
しかし、視点を変えれば、物事の善悪は入れ替わり、全く別の物に変化することがある。
価値が付かないものから、人が美しいと感じるものを創り出したい、
そんなチャレンジをしてみたいと思ったのだ。

東京のビルの隙間から見える青空から、私はまだ見ぬ青い地球の姿を想像し、
そして、祈るように、このコレクションを創っていった。

中里唯馬