WORKS / COLLECTION

COUTURE AUTUMN/WINTER 2017-18

[FREEDOM]
EN / JP

THEME

“Eventually, each and every garment will be unique and different."
This is our vision towards the future of mankind.

By designing costumes, I found that a garment specifically designed and made for an individual has the power to enrich and liberate the wearer from the heart. In time, I developed a desire to provide that experience to people all over the world.

A change in the fundamental concept of clothing was necessary to achieve this dream. I hypothesized that providing one-of- a-kind garment to each individual can be possible if clothes can feely change their shape in an instant like clay.

In the first collection, I presented the idea of clothes made by connecting small film parts. The second collection featured the UNIT CONSTRUCTED TEXTILE, a system that can reassemble unit parts many times. After countless trials and errors, we are closer to realizing our dream, as we have succeeded in significantly evolving the 3D UNIT CONSTRUCTED TEXTILE.

A major challenge of mass customization was the constraint of using needles and threads to make the clothing. Using digital fabrication, we made a system that allowed various materials used for clothing like cotton, wool, and nylon to be combined freely. This system lets us build all silhouettes imaginable, just like creating a garment from a dress pattern but with even more flexibility. No two human bodies are shaped exactly the same. 3D UNIT CONSTRUCTED TEXTILE can adjust the size and shape of a garment to be a precise fit to the wearer’s figure, unlike the standard method of making clothes from a sewing pattern. Each UNIT has a serial number –as if it was the DNA of the wearer. Anything and everything, from traditional crafts and contemporary art, to wearable devices, and even items with no classification but of value to the wearer, can be developed into a UNIT and be worn in one outfit. This simple system of combing two types of UNITS will change how people enjoy their new clothes and enrich their lifestyles.

I merged the concept of this new and evolutionary textile with clothing from the past. As a motif, I chose the 1950s, an era symbolized by two completely opposite styles: the Haute Couture that brought back elegance and luxury to people fatigued by the war, and jeans, the globally mass-produced piece of clothing.

Jeans, the first truly universal attire, are now worn by just about anyone in the world, regardless of sex, age, or social class. Our ambition is to take the non-discriminatory and universal aspect of jeans one step further and create a one-of- a-kind garment that is made solely for the wearer.

THEME

「やがて衣服は一点物しか存在しなくなるでしょう」
これは我々が到達した人類の未来の姿です。

衣装デザインを続けてきた中で、人は自分の為だけにデザインされた物を身につけると、機能性だけでなく、心から豊かに、そして自由になれると知り、いつしかこれを世界中の人に体験してもらいたいと考えるようになりました。

そのためには、衣服の概念を変える革新的なアイディアが必要でした。もしも衣服を、粘土のように瞬時に、そして自由にその形状を変化させることができれば、全ての人に一点物の衣服を届けることも可能になるかもしれないという仮説を立てました。

そして挑戦は始まりました。最初のコレクションでは、パーツとパーツを組み合わせるだけで衣服を作るという発想にたどりつきました。2回目のコレクションでは、UNIT CONSTRUCTED TEXTILEという何度でもパーツ同士を組み替えられるシステムを開発しました。それから半年、試行錯誤の末に、我々は大きな進化を遂げました。 

糸と針を使用して衣服を作るという制約は、マスカスタマイゼーションを考える上で大きな課題でした。我々はデジタルファブリケーションを駆使し、コットン、ウール、ナイロン等衣料に使用されるあらゆる素材同士を自由に結合可能なシステムを考案しました。これまでの縫製や型紙と同じように、いやそれ以上にどんなシルエットも作ることができるでしょう。

人間の身体は2つとして同じ形は存在しません。UNIT CONSTRUCTED TEXTILEは、これまでの縫製や型紙といった従来の作り方よりも、身体に沿うようにサイズや形状を調整することができ、そして着る人のDNAのように一つ一つにシリアルナンバーが施されます。

さらに、世界中の伝統工芸から、最新ウェアラブルデバイス、サブカルチャー、現代アートまであらゆる物がUNITになり、その全てを1着の服に組み込むこともできるでしょう。新しい衣服の楽しみ方と共に、この2種類のシンプルなシステムが、人のライフスタイルをより豊かに変えてくれるでしょう。

進化したこのまったく新しいテキスタイルの概念と、人類の衣服のアーカイブを融合させようと考えました。戦後に倦んでいた人々に優雅さと贅沢さを思い出させたオートクチュールと、大量生産品として世界的に影響力を広げていたジーンズ等、2つの対極的なデザインが象徴的な1950年代をモチーフに選びました。

「イチジクの葉以来、初めての階級のない服」と言われるジーンズは現在世界中で着られています。我々はそのジーンズよりも自由でありがながら、同時に着る人のためだけに仕立てられた究極の一点物の服を、世界中の人に届けたいと考えています。 

全ての人に、一点物を衣服を。